便秘解消に効果あり!アロマの香りでリラックス

便秘解消に効果あり!アロマの香りでリラックス

 

冷え性と同じく、女性が悩まされる体の不調の便秘。便秘の症状が続くと、不快なだけではなくニキビや肌荒れの原因にもなります。便秘の原因は、年齢や環境の変化による腸内細菌バランスの悪化 、十分な水分と食物繊維の摂取不足、運動不足、ストレス、便意を我慢して排便リズムが崩れるなど様々です。
便秘の改善には、まずは便秘になりやすい生活習慣を見直して、規則正しい生活を心がけることが大切です。そして、香りによるリラックス効果で、便秘が治りやすい身体作りをしてみましょう。

 

 

■香りをかぎながら深呼吸
自律神経は、呼吸や血液の循環など無意識のもとで自動的に動いている神経です。
便秘の原因の一つとして考えらているのが自律神経の乱れ。ストレスや緊張が続いて交感神経が働きすぎると、腸の働きが抑制されてしまいます。
交感神経を正常に働かせるのに効果的な方法は、香りをかぎながら行う深呼吸です。
深呼吸は、自律神経のバランスを整える効果がありますが、香りを加えると、さらに呼吸が深まり、腸の動きを促進する副交感神経に働きかけます。
深呼吸をする際は、吐く時間は吸う時間の2倍になるようにし、毎日10回の深呼吸を続けてみて下さい。
便秘の改善だけではなく、ストレス解消のためにも、ゆっくりと香りを嗅いで深呼吸をするリラックスタイムを作りましょう。

 

 

■香り&マッサージ
普段行っているマッサージに、アロマオイルを取り入れると、マッサージにオイルの香りがあいまって、便秘解消に効果があります。
おなかに塗るためのトリートメントオイルの作り方は、ホホバオイルなどの植物油大さじ1杯に、アロマオイルを1滴入れてよくかき混ぜるだけ。これを手に取ってお腹にあて、おへそを中心にゆっくりと時計回りに動かします。この時、必ず深呼吸をしながら行いましょう。息を吸ったら、その倍の時間をかけて息を吐きながら手のひらを回します。朝晩、それぞれ5分程度のマッサージを行うのがお勧めです。なお、アロマオイルの種類によっては、皮膚刺激をおこすものがありますので、原液のまま使わず、濃度1%以下に必ず希釈して使いましょう。

 

 

■リラックス系のアロマオイルとは?
副交感神経の働きを良くしたいときは、リラックス系のアロマオイルを選びましょう。おすすめなのは、ハーブなどの植物の花や樹脂、葉などから抽出した天然の素材の精油(エッセンシャルオイル)。ラベンダーやオレンジなどの柑橘系、イランイラン、スイートマジョラムなどの香りは、緊張を解きほぐしてくれます。お風呂に数滴たらして入浴したり、ディフューザーを使って部屋で香りを楽しむなど、「香り&深呼吸」を自分にとって始めやすい方法から試してみても。上手に生活に取り入れれば、楽しみながら便秘解消効果が期待できますね。

 

 

■まとめ■
アロマオイルを選ぶポイントは、いろいろな香りをかいでみて、自分がリラックスできると思えるものを選ぶことです。仕事やプライベートで忙しいときこそ、生活によい香りを取り入れて、深呼吸する気持ちの余裕を持ちましょう。そうすることで、気持ちが落ち着ついて、便秘症状の改善につながりますよ。