知らないと大変!便秘薬の正しい選び方

知らないと大変!便秘薬の正しい選び方

 

 

便秘が何日も続くと、
お腹が張ってしまい、腹痛をはじめとする色々な症状に悩まされるようになります。そんなとき、頼りたくなるのが便秘薬。
便秘といっても、その原因や症状はさまざま。そして、使用する便秘薬も、便秘のタイプに合わせたものでなければ、かえって逆効果になることがあります。
ここでは、便秘薬の種類やそれぞれの特徴、仕様上の注意点を解説します。

 

 

■便秘薬の種類
・刺激性下剤は、大腸の神経を刺激する下剤です。効果は強めなので、かなり便秘の症状がひどい場合にも効果が期待できます。主な成分は、センナ、アロエ、ダイオウなどです。
・膨張性下剤は、多めの水を飲むことで、便を軟らかくする食物繊維と同じように、腸内の水分を吸収して膨張させることで、排便を促します。
ただし、一時的におなかが張るなどの副作用を伴うことも。
・湿潤性下剤は、便の水分量を増やし、やわらかくする便秘薬ですが、日本ではあまり使用されていません。
・塩類下剤は、マグネシウム系の便秘薬です。大腸内の水分量を増やし、便をやわらかくするとともに滑りやすくします。

 

 

■センナやアロエ入りの下剤には注意!
便秘気味になったとき、病院には行かずに、市販の下剤を使用する人が多いことでしょう。しかし、センナやダイオウなどが入った漢方薬の便秘薬には
注意が必要です。センナやダイオウなどのアントラキノン系の便秘薬は、直接大腸を刺激する作用があるため、効果が高いかわりに、腹痛などの症状が発生することがあります。1~2回の使用であれば、即効性があり有効ですが、常用していると、刺激に腸がつぶれてしまい、薬剤の刺激に鈍感になり、ますます強い刺激でなければ腸が反応しないようになります。大腸がマヒし、便を出そうとする生理的な動きもなくなってしまうおそれもあるのです。

 

 

■塩類下剤がおすすめ
よい便にするためには、食生活に気を配ることが大切ですが、補助的に使う薬としておすすめなのは、酸化マグネシウムなどの入った塩類下剤です。塩類下剤は、副作用もほとんどなく、長期的に使用していても習慣性が少ないため、下剤の中では 安心して使用できるタイプです。大腸内に水分を引きこむ働きがあるため、飲むと便の中の水分量が増えます。このほかにも、セルロース系の成分が入った膨張性下剤も効果的です。これも便の中の水分を吸収し、膨張することで便をやわらかくしてくれる薬剤です。

 

 

■薬選びは医師の指示に従いましょう
刺激性下剤以外の薬は、毎日飲んだとしても腸が慣れるということはありませんので、安心して服用することができます。しかし、病院で診てもらい、医師の指示のもとで適量の薬を飲むことが賢明です。また、医師からのアドバイスを受けることで、自分の便秘の原因が分かるようになりますし、もしもまた便秘になった時は、市販の便秘薬を選ぶ参考にもなるでしょう。
便秘解消の原則は、便秘の原因になっている食生活や生活習慣などの改善です。便秘薬の使用は対症療法であり、根本的な解決ではないということを認識しておきましょう。原因から断たなければまたすぐに便秘となってしまいます。くれぐれも、薬の常習性にならないように気をつけましょう。

 

 

■まとめ■
便秘を解消するためには、便秘を起こしている原因や症状を的確に把握し、それに合った薬を選ぶことが大切です。薬選びは、医師の指示に従うことをおすすめします。
便秘の症状を放置しておくと、腸の中に便が長く留まるために、腸内で便が腐敗して有害なガスを発生するため、最悪の場合は、大腸がんなどの重大な病気になる恐れもあります。
何らかの病気が原因で便秘になっていることもありますので、たかが便秘だと軽視せずに、病気が疑われる場合は早めに医療機関での検査を受けましょう。